世界で認められた方法

血液クレンジングを行っている芸能人の方も多いと思いますが、この方法はオゾン療法と言われています。
そこでこちらでは血液クレンジングやオゾン療法がなぜ世界に認められているのか紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ドイツで発祥して以来、ヨーロッパではすでに広く認知されている治療方法で、英国エリザベス女王の母君である「クイーンマム」が、チャールズ皇太子のすすめで老化防止のために定期的に受けていたことでも話題になりました。

その後、英国を始めヨーロッパ諸国に広く血液オゾンクレンジング療法が広く広まり現在 に至ります。ヨーロッパでは、B型C型の肝炎やHIVウィルスの増殖を抑えるために用いられています。
また疾患によっては保険適用となっており、虚血性疾患や狭心症・心筋梗塞などにも、オゾン療法が治療として行われています。
他にも、アトピー性皮膚炎などアレルギー・自己免疫疾患にも用いられ、免疫力を上げる作用に優れることから、ガンの補完療法としても外科手術後に使用されています。

最近では、ドイツ・オーストリア・スイス・イタリア・ロシア・英国等、広く行われており、現在までにのべ1億人以上の人々に良い結果がもたらされています。

コメントをどうぞ